John Branigan のツイードジャケット

今年の冬に、ベニエが一番におすすめしたい
Branigan Weavers のツイードジャケットです。

c0227633_232872.jpg

Blanigan Weavers のご紹介を
少しだけ。
設立者のMr.John Branigan は、
もともと手織りの
タペストリー職人でした。





彼の手で織られたタペストリーは、
アイルランド首相や英国アン王女、
グレースケリーモナコ王女の
調度品制作などの経歴があります。
腕利きの職人さんだったんですね。


彼によって、アイルランドの北の町、ドロヘダでBranigan Weavers は
設立されました。
設立時に、一番に大切にしたのが生地のオリジナリティーです。
織り機を改造して、試行錯誤を重ねて、
軽く、柔らかく、しわの出来ないツイードを
作ったんですね。

そのツイードで作ったのが、ご紹介するジャケットです。


c0227633_2321928.jpg

形は、スタンド襟、五分袖のゆったりとしたジャケットです。

ジャケットとベストの中間のような使い方が、出来ます。

このところ毎年、寒くなってくるのは一月越してからだし
セーターを着たら厚いコートは、必要なかったり・・・
車の運転には、これくらいのジャケットでOK!

今年のテーマであるオニールのスカートを着まわす、!には
ぴったりでしょ!
John branigan ジャケット 税込み 20790円
ルミノア デニムシャツ 税込み 14490円
オニールキルトスカート65cm丈 税込み17640円


c0227633_23213619.jpg

このツイードの織り柄に特徴があります。
クラシックなイメージだけど、モード系の
ジャケットにも見えて新しい。


c0227633_23221174.jpg


素材は、イタリアの紡績に特注している糸で、
メリノウール70%アルパカ30%の軽くて暖かいツイードです。

c0227633_23223155.jpg


後ろから見ても、ゆったりしてるけど少し短めの丈で、
バランスが良いです。
重ね着の強い味方になりますよ。

c0227633_23225815.jpg

ベージュミックスの生地です。
柔らかいカラートーンが、大柄のリバティや
濃い色のボトムにぴったりです。

c0227633_23391417.jpg


このツイードを引き上げているのが、ボタンです。
水牛の角を削りだした丸いボタンが、高級感を
出してます。





c0227633_23233498.jpg

こちらは、ブラウンミックスの生地です。
ベージュより、個性的ですね。
エタミンヌの起毛麻のジャンパースカートで、
モード風に気取ってみました。

John Branigan ジャケット
税込み 20790円
エタミンヌ インディゴリネンスカート 
税込み 22050円


c0227633_2324252.jpg


前回掲載のニットのためにのchambre de nimes の
ワンピースにもぴったりでしたよ。
ご満悦で着てみるブログ担当です・ 



c0227633_23245215.jpg

織り柄は、はっきりしてますがブラウンなので
不思議と他の柄物にも合います。



c0227633_2325172.jpg

三色めは、ダークブルー。
カジュアルアイテムを引き締めます。
きれいな色なんです。
いっしょに合わせたのは、オノレのブラックギンガムの
ブラウスに、定番のニームのボーイフレンドデニムです。

John Branigan ツイードジャケット 税込み 20790円
オノレ ブラックギンガムブラウス 税込み 16590円
ニーム ボーイフレンドデニム 税込み 15540円




c0227633_23253824.jpg


ボタンを留めて、ベストのように着ても
すっきりきれい。


c0227633_2326254.jpg


どうです?きれいな色でしょ。
濃いネイビーとブルーの二色の糸を縦横に
重ね合わせて織ってあります。


c0227633_2326268.jpg



ジャケットには、裏地が付いてないのですが
去年からベニエで裏地付けのサービスを承っています。
こちらは、去年付けたもの。

c0227633_15295987.gif

←今年の色は、こちらのブルーです。
 ベンベルグ裏地(キュプラ)で、
去年より少しハリがあります。


裏地を付けると、暖かさと洋服の摩擦が減って
着やすくなります。
ぜひ、ご利用ください。
裏地付け(裏地込みで) 5000円です。
ご注文は、下のこちらからお願いいたします。

パソコンの方は、こちらから</a>

携帯の方は、こちらから</a>  
by beignets | 2010-10-04 23:40 | Branigan Weavers | Comments(0)
<< オノレのセーラーワンピース ニットのためにchambre ... >>